上げた体温を持続させる運動には​​【躰道シーラカンスの整体操

呼吸法の一つは1・2・3・4の掛け声(呼気)を腹から出し

深部体温を上げる。

運動強度は6分目、心拍数90~100程度で、

10分~20分持続できる動きが適当と考えます。

平均体温が1℃下がると免疫力は約37%下がり

平均体温が1℃上がると免疫力は

約60%活性化するといわれているように、

体温は免疫力を大きく左右します。
風邪をひいたとき熱が出るのも、

体温を上げて免疫力を上げようとする防衛反応といわれています。
また、体温が低いと体内の細菌に対する抵抗力が低下し、

腸内では悪玉菌や有害菌が増殖して

がん等の様々な病気や感染病の原因にもなってしまいます。
低体温では、

免疫をつかさどる細胞や酵素はうまく機能しないとも言われている。
息を詰め心拍数を上げるような又、

心身に強いストレスを掛けるような運動で

体温を上げても体温は急激に低下し免疫力を下げる。

成長ホルモンが著しく低下する30代後半からは

無理な運動は避け

心身に掛かるストレス解消に

務めなければならない。
しかし、30代後半では体力が残っており

無理するか又は運動不足になりがちであり、

どちらも注意が必要です。